プラスチックの生産量について

カラフルなごみ箱

プラスチックが歴史に登場してから、およそ100年は経っています。
どんどんと改良が加えられて、使いやすいものへと進化してきたのです。
世界での生産量はおよそ2億5千トンで、1秒に8トンというペースで生産されるほど需要の高い製品なのです。
生産量が一番多いのはアメリカで、日本は世界で第4位となっています。
高度経済成長を遂げて以来、消費量もアップしてきて、ここ40年間では当時の約16倍にも増えています。
日本で生産されるようになったのは1914年だと言われていて、1960年代から一気に増産されるようになりました。
現在の日本の生産量については、景気の悪化やリサイクルの徹底など、様々な要因が影響してか、ここ10年程度は頭打ちとなっていて、横ばい傾向にあります。

プラスチックの原料となるのは石油ですが、日本では石油が取れないため、ほとんど海外からの輸入に頼っています。
そして、原油が日本に運び込まれると石油精製向上で原油が精製されて、ナフサというものが出来上がり、これが原料となります。
そして、ナフサに熱を加えて、ポリエチレンや塩化ビニールなどの様々な製品の原料が作られているのです。
これが製造工場へと運ばれて、様々な成形加工が行なわれます。
溶かした材料を金型へと流し込んで圧縮して形を作ったり、機械で膨らませて袋状のものを作ったりしています。
圧縮して形を作る方法を圧縮や、膨らませて作るインフレーションなど、様々な成形方法があり、作られる製品の応じて同じ原料でも製法が異なってきます。

家庭内でも幅広く用いられてるプラスチックには、幾つかの特徴があります。
軽くて丈夫で、色やデザインなどを付けやすく、比較的リーズナブルな値段で購入することができます。
熱による加工がしやすいため、いろいろな形のものを作ることができます。
また、大きさも大きなものから精密機器の小さなパーツまで、幅広く用いることができます。
そして、色をつけやすいという特徴から、雑貨類などの見映えが気になる商品にも多く用いられています。
電気を通さないという性質を持っているため、電化製品などにも多く使われていて、冷蔵庫やパソコンなど、様々なものがあります。
耐久性が高いので落としたりしても割れないコップや食器など、食器類も充実しています。

オススメリンク

様々な種類の

多くの人が使っているもののひとつにプラスチックと言うものがあります。
それは様々な形に加工することが出来るものであり、様々な分野で使われているものとなっています。
プラスチックはRead more

自動車のボディ

プラスチックの成形に類似するものに、金属加工があります。
プラスチックが普及するまでは、そのほとんどの工業製品は金属製でした。
最近でも金属はいろいろな工業製品に使用されていますRead more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031